スポンサーリンク

パチンコとの出会い ーvol.541ー

スポンサーリンク
ギャンブル日記
スポンサーリンク

今日は少し過去にタイムスリップしていきたいと思います(‘ω’)ノ

 

そぅ、あれは高校生の時

ジロウ、まだ若かりしことの思い出です

 

スポンサーリンク

パチンコとの出会い

ジロウが高校生の時に流行っていたのがハナビ、サンダーなど

仲のいい友達はスロットにハマっていた

 

よく学校をさぼってモーニングなどに行っていた

 

モーニングとは!?

今ではありえない話だけど、昔は大当たり確定台を店が用意していたのだ

朝一、抽選で勝ち取ると投資1000円、最初の3枚で当たりを揃えられるのだ

 

ジロウはその時スロットは一切やっていない

 

本当にたま~にパチンコをやるくらいだった

 

理由は目押しができないし、スロットは難しそうでつまらなそう

今でこそ液晶でゲーム感覚だけど当時液晶パネルなんてものは存在していなくって、リーチ目や光でボーナスを察知しなければならない

 

単純に覚えるのがめんどくさそう(”Д”)

 

比べてパチンコには小さいながらも液晶があって、覚えることは特になく真ん中の穴を狙えばいいだけ

当時はパチンコの勝ち方はオカルトだと本気で信じていた

 

 

例えば400~500のゾーンだけ狙えば勝てるとか、海物語で枠外で揃った後数十ゲームで当たる台はその後伸びるだとか、魚群で外れた後は必ず50Gは回さないといけない←なぜならお詫びが来るからww

 

 

こういったオカルトばかりを集めてたま~に打っていた

 

 

そうしたジロウに転機が訪れる

実は高校を途中で編入しているのだ

 

 

学校で問題を起こして留年が決まったため通信制に編入することになる

 

 

普段つるんでいた友達とも疎遠になっていき

段々とパチンコの時間が増えていった

 

 

この当時、実はとある宗教団体に入信することになる

そのせいもあって常に孤独感に悩まされる

 

 

友達は離れていって残ったのがパチンコだった

 

 

もちろん、高校生なので借金はしていない

というか、借金をするようになったのはスロットを始めてからだ

パチンコにはスロットと違って天井がなければゾーンもない

(オカルト的にはあるけどww)

 

つまり、いつでもやめることができるのだ

今日は3万円だけ

今日はこの1万円を使ったら

そりゃあ負けたという悔しさはあるし、もっと打ちたくはなる

それでも節度を守って遊べていたのだ

 

そんな感じで適当に生きていたジロウ

高校を20歳で卒業した

将来についてなんてこれっぽっちも考えずに、日銭を稼ぎ暮らしていく

 

この時に佐川急便の派遣に登録することになる

ここら辺からさらに破天荒な暮らしが始まっていく

 

 

 

 

いつも応援ありがとうございます

おかげ様で毎日10人くらいの方にポチしていただいております

そして、もう10人の方がポチしていただけると何とブログ村で1位に輝きます

僕の冒険はまずこの村で早く1位になって今度は国を制覇したい

お手数ですが1日1回ポチしていただけると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

 

 

こちらは人気ブログランキングのバーナーになります

ブログ村をまずは優先的に頑張っていますのでこちらは押さなくても大丈夫ですよ~

それでも押してくれたらありがとう✨↓↓

 


債務・借金ランキング

 

Twitterはじめました

寂しがり屋なのでぜひ絡んでね

 

 

コメント